配信200回突破記念特別企画1 「200回を迎えた僕ら」

配信100回を迎えたときにも、通常配信とは違った回をいくつか配信したのですが、200回の節目にもいくつかの特別回を配信しようと思います。

まずは、ポッドキャストをやり始めた時期や、200回を迎える時期も似ている、ポッドキャスト番組「gd×2ゲームらじお」のtomiyanさんとヤスさんを迎えてのフリートークをお届けします。

●「gd×2ゲームらじお」と「狭くて浅いやつら」の交友関係
●リスナーさんとのコミュニケーション
●各々のオタク活動事情
●ヤスさんが声優にハマった理由
●サワダとtomiyanさんが声優にハマらない理由
●ポッドキャストをやってて良かったこと
●狭くて浅い条件
●配信に対する意欲
●価値観と立場も変わった
●ソーシャルゲームについて
●ラジオっぽさ
●これから

【サワダシンヤ × tomiyan × ヤス】

▼tomiyanさん関連WEBサイト
ポッドキャスト「gd×2ゲームらじお」

#163 「花の詩女 ゴティックメード」

まず、ファイブスター物語のファン、永野護ファンは観にいかないといけないと思います。これはファイブスター物語の中のストーリーです。

あと、今はそんなに好きじゃない(もしくはすっかり忘れてしまっていた)けど、昔は好きだったという人もぜひ。

僕がそうなんですが、これを観にいったことで、もう一度FSSの単行本を集めるようになりましたw

【サワダシンヤ × ヤス × ヤスヤマ】

関連リンク

花の詩女 ゴティックメード 公式サイト
まも☆しん(ポッドキャスト)
岡田斗司夫の感想

▼ヤスさん関連WEBサイト
ポッドキャスト「gd×2ゲームらじお」
ポッドキャスト「ロッボトーク!(仮)」

▼ヤスヤマさん関連WEBサイト
ポッドキャスト「ロッボトーク!(仮)」
ポッドキャスト「よもやまゲェム語」

Amazonで購入する

#093 「イエスタデイをうたって」

恋愛物語において登場人物の三角関係は基本だと思いますが、男性が読む漫画の場合、男性主人公1人に対して、ヒロイン2人があてがわれるわけです。

読者は主人公に感情移入して、どっちのヒロインを選ぶのかなあ、などと悶々としながら読んだりするのですけれど、ヒロインの片割れが魅力的ではないにもかかわらず、主人公がそちらを選ぶと読者と主人公の意思と感情が剥離してします。

それまで、主人公と自分を重ね合わせて読んでいたのに、途端に「なんでやねん!」と思ってしまうわけですが、今回はそんなお話をええ歳こいたおっさん4人でお送りしています。

【サワダシンヤ × ヤス × りく × サダキヨ】

関連リンク

ビジネスジャンプ漫画連載陣:イエスタデイをうたって/冬目景

▼ヤスさん関連WEBサイト
ポッドキャスト「gd×2ゲームらじお」
ポッドキャスト「ロッボトーク!(仮)」

▼りくさん関連WEBサイト
circle Potion(18禁)
ポッドキャスト「鳥頭

▼サダキヨさん関連WEBサイト
ポッドキャスト「KOGI×SADA Mix」

Amazonで購入する