#347 「劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズ」

個人的に懐古主義でもないので、特に昔の時代が良かったとは思わない性格です。

マンガやゲームやアニメ等々、オタク文化&娯楽に関しても、昔「は」良かったとは思ったこともありません。
昔「も」良いものはあったと思いますが、基本的に今の時代のものを楽しみたいと思っています。

なので、今回のシティーハンターの劇場版も、なんで今更?と思いましたし、当時のターゲット、今の中年層を狙った、懐古主義バリバリのお懐かしアニメで、満足度は低いだろうなあと思っていました。

しかし…!

いざフタを開けてみると、内容的には本当の意味で「あの時のまま」なのですが、単純にあの当時を振り返り、昔は良かったなどと、懐かしさを楽しむような作品ではなかった!

確かにそういう懐かしさを感じる要素も多分ににあるのですが、それだけではない、今見るからこそ逆に新しいと感じる面白さがありました。
冴羽獠の生き様が今の時代だからこそあの時よりもなお一層カッコイイ!!

何気に観に行って、大満足で帰ってきたあの日、ヨメと勢いで収録した回でございます。

シティーハンターを知るすべての人はぜひとも観に行くべし!!

【サワダシンヤ × ヨメ】

関連リンク

劇場版シティーハンター 新宿プライベートイズ 公式サイト

Amazonリンク

#346 「アクタージュ act-age」

ジャンプ本誌はここ数年読んでないのですが、この作品は明日さんに薦められて読みました。

天才キャラが主人公の作品はたくさんあると思いますが、天才ぶりをどう描くかで作品の印象が大きく変わってしまうことも少なくないと思います。

凡人には理解できない変人、他人を自分より下にみる傲慢な人、理知的で物事の本質を見抜く頼りがいのある人、感覚だけで正解を選択できる人…。

この作品の主人公夜凪 景ちゃんもご多分に漏れず天才キャラなのですが、「役を演じることに突出した能力を持ちつつも世間とずれてて天然」。
軽くマンガを読みたいおっさんにしてみれば非常に優しいキャラとなっております。

その他の登場人物たちも嫌み無く、皆応援したい人たちばかり。
今後の展開も楽しみなマンガです。皆さまもぜひ。

【サワダシンヤ × 明日さん】

ゲストリンク

▼明日さん関連WEBサイト
ポッドキャスト「ジャン談」
ポッドキャスト「明日さんのゆるい感じのラジオ」
ポッドキャスト「あじあん」

関連リンク

アクタージュ act-age 週刊少年ジャンプ 公式サイト

Amazonリンク

#345 「青野くんに触りたいから死にたい」

お試し読みで1話を読んで、なんだか不思議な雰囲気の「ラブコメ」だな、面白そう!
と思って単行本を買いましたけど、絵柄からは想像もつかないような「ホラー」マンガでした。

ラブコメ要素もふんだんにあるのですが、なんせ登場人物全ての個性が強く、時には捻れてるひともいるので、フツーのラブコメの範疇でくくれないことは確かです。

正直、彼らの進む先がどうなるのか見当もつかないのですが、できれば皆が不幸になりませんように…。

とはいえ、何が幸せで何が不幸かは本人次第ですから、読んでるこっちが不幸と思ってもそれは登場人物たちには幸せなのかもしれないし…ね。

今からでも十分お話に追いつけますので、ぜひ読みましょう〜!

【サワダシンヤ × SASAYAMA.】

ゲストリンク

▼SASAYAMA.関連WEBサイト
SASAYAMA. 公式サイト
SASAYAMA. 公式Twitter
SASAYAMA. 公式ブログ
SASAYAMA. ツイキャス
SASAYAMA. YouTubeチャンネル
SASAYAMA. Instagram
ポッドキャスト「イマズマン」
ポッドキャスト「りびんぐおんざ日常」
ポッドキャスト「ササヤマとシンザキのリビングオンザトーキン!!」

関連リンク

青野くんに触りたいから死にたい アフタヌーン公式サイト – モアイ

Amazonリンク

#344 「ミステリと言う勿れ」

「真実はいつもひとつ」とコナン君が常々言ったりしていますが、この作品の中では、真実はひとそれぞれの中に、事実はひとつ。

物事の違った視点に気づくことで、自分が真実だと思っていた出来事が様変わりする…。
そのような体験を漫画で体感できる作品です。

「ミステリという勿れ」とは言い得て妙で、この作品において事件について行われることは推理ではなく、フラットな視点での事実の提示。

なるほど感が半端ない、こんな体験他に無い!漫画ってすごい!とあらためて思いました。

ぜひ読んでいただきたい作品。

【サワダシンヤ × 中ノ浦】

関連リンク

ミステリと言う勿れ 月刊flowers 公式サイト

Amazonリンク

#343 「王様ランキング」

「次にくる漫画大賞 2018」のWEBマンガ部門にノミネートされ、それがきっかけでバズった(んですよね?)この作品。

ご多分に漏れずワタクシもその盛り上がりを見て読みに行ったクチなんですが、これがまあ、大変面白い。

個人的に面白いなと思うところは、ただひたすら登場人物たちの思惑と行動を描き、その行く末がそれぞれの人生に作用しあってるところです。

収録時に読んだところまでの印象としては、そこまで派手な展開があるわけでは無く、物語の中核になるような要素が動いている感じもしません。

しかしきっちりと面白い漫画読んだな〜という満足感を味わえます。

ひとまずは一度読んでみてから今回のお話は聴いていただきたいかぎり。

漫画はもとより、作者の方の今後の展開も期待したい、応援したい漫画です。

皆さんも一度読んでみてはいかがでしょう。

【サワダシンヤ × 中ノ浦】

関連リンク

王様ランキング マンガハック
王様ランキング ニコニコ静画
王様ランキング 公式Twitter
遠回りが実ったマンガ家への道「王様ランキング」goriemonインタビュー

Amazonリンク