#375 「十三機兵防衛圏」

今回、前半はネタバレ無し、後半はネタバレ有りの感想です。
このゲーム、ぜひともプレイしていただきたいので、未プレイの方は前半を聴いたらもう買ってください。

前段で言っておきたいのは、

「昔オタクだった人」
「今オタクであることに疲れてきている人」
「衰えてきてはいるが今後もオタクでありたい人」

等々、オタク文化に関して「昔ほど情熱をかけられなくなってきている人」に、ぜひプレイしてほしいということ!

僕自身がそうだ、という話なのですが、最近は昔にくらべて漫画やゲーム、アニメにそれほど時間と労力をかけられなくなってきました。
まあ、年齢を重ねるにつれて環境や立場や価値観、飽きや無関心等々、様々な事情がそうさせますし、そもそも一般的に大人になるとはそういうこと。

しかし、それでもなお「オタクであり続けられる人」に比べると圧倒的に「気力」が足りないのは間違いありません。

それこそが「狭くて浅い」ゆえんなので仕方が無いっちゃあ仕方が無いのですが、諦めたくない気持ちもある…

そんな中、この作品は僕の中にまだ残ってあった「オタクの情熱」をビンビンに刺激してくれたのです。
なんだこの気持ちは…こんなの久しぶり!

やっぱり歳をとっても漫画やゲームは楽しんでいきたい! てなわけで、僕と似たような状況の人にはおすすめです。

【サワダシンヤ × わん】

関連リンク

十三機兵防衛圏 公式サイト
かくして快作『十三機兵防衛圏』は生まれり──インタビュー・総括編。「キラキラしたものを詰め込んだ」開発のヴァニラウェア神谷盛治氏らに訊く

Amazonリンク

#373 「十三機兵防衛圏」

PS4で体験版が配信されていたのでノーマークでプレイしてみたら、ごっつい面白かったのですぐ買いました。

収録の時点ではまだクリアしてませんので、今回はおすすめとしての紹介です。

ロボット、怪獣、タイムトラベル、異世界、パラレルワールド、ナノマシン、ボーイミーツガール、ありとあらゆる要素を詰め込んだSFジュブナイル作品です。
1980年代に中学高校時代を過ごしたオタクの方にドンピシャなこと間違いなし。
プレイ時間も短めでゲーム何度も自由に変えられるので、がっつりゲームをやりこむことができなくなったおっさんにもやさしい設計。

ぜひみんなプレイしよう!

【サワダシンヤ × 中ノ浦】

関連リンク

十三機兵防衛圏 公式サイト
かくして快作『十三機兵防衛圏』は生まれり──インタビュー・総括編。「キラキラしたものを詰め込んだ」開発のヴァニラウェア神谷盛治氏らに訊く

Amazonリンク

#371 「the dead: SHOOT 2 SURVIVE ザ・デッド シュート・トゥー・サヴァイブ」

今回はボードゲームの宣伝です。

ゾンビゲーム専門サークル「Latent Mellon Games」のナヴェさんによる新作ゾンビボードゲームが、「ゲームマーケット2019秋」にて発売されます!
2年前にも同サークル名義のゾンビボードゲームの紹介をしたことがあるのですが、前作はかなり「心がつらくなる」ゲームでした。(該当回をぜひ聴いてください!

今作は前作に比べるとかなり達成感を感じられるゲームとなっており、協力プレイでもあるので、多くの方にオススメです!

パロディ感ある世界観に、きっちりとしたタワーディフェンス型のゲーム性、クリアまでの過程にもドラマティックさが組み込まれたゲームです。

ゲームをクリアした後のちょっとした哲学感もナヴェさんらしい仕上がりとなっており、ゲームマーケット当日には試遊台もあるとのことで、お立ち寄りできる方にはぜひ手に取ってほしいですね!

★Latent Mellon Games出展情報
ゲームマーケット2019秋
2019年11月24日(日) 10時〜17時
ブース位置【日曜-Q07】 試遊卓あり
※日曜日のみの出展です。

【サワダシンヤ × ナヴェ】

関連リンク

▼Latent Mellon Games関連WEBサイト

Latent Mellon Games 公式サイト
Latent Mellon Games 公式Twitter
the dead: beloved one
the dead: SHOOT 2 SURVIVE

Amazonリンク