#415 「パラサイト 半地下の家族」

笑えるけど笑えない、他人事ではない共感を感じた「パラサイト 半地下の家族」。

公開当時、話題になっていましたが、特に情報は得ず、いつものごとく「観たいときに観るか〜」な感覚で放っておいて、最近観ました。

ネットに散見されるなんとなくの感想で、勝手にシリアスドキュメンタリー作品みたいなものだと思っていましたが、観てびっくり、コメディでした。

正直、ブラックコメディだと知ったのは、作品を観た後。
最初は、外国の「自分よりイケてない『下』の人たち」があがくコメディと思っていました。

しかし観ている途中から、登場人物たちに共感しはじめ、物語の結末にショックを受け、観た後にいろいろ調べた結果、この映画で語られていることは、他人事では無く、現在進行形で自分にも起こりえる悲劇だと感じました。

2021年現在、コロナ禍において、誰もが明日どうなるかわからない社会を歩んでいるように思えます。

そんな中で、明日、何がどうなっても生きていけるようにしないとな、と、日々思いながら…も、目の前の豊かさにあぐらをかいて、のほほんと生きてる感じです。

結局のところ「今はまだ自分は大丈夫だから」という、根拠の無い安心感で生きてる感じなのですが、そういう自分の状態を、ありうる不安がピシピシ鞭打ってくるような映画に思えました。

この映画の登場人物たちのエネルギーと執着をほんの少し見習いたいと思います。

【サワダシンヤ × 座頭一】

★ポッドキャスト番組「ボンクラ映画館」の十周年企画に出演した模様はこちらです。

座頭一さん関連WEBサイト

ポッドキャスト「ボンクラ映画館」

Amazon.co.jp: パラサイト 半地下の家族(吹替版)を観る | Prime Video
仕事も計画性もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。大学受験に落ち続ける息子ギウ。美大を目指すが予備校に通うお金もない娘ギジョン。しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“半地下住宅”で暮らす貧しい4人家族だ。 「僕の代わりに家庭教師をしないか?」ギウはある時、エリート大学生の友人からアル...