#413 「天気の子」

僕にとって新海監督の描くラブロマンスは、それ単体で見ると非常に気恥ずかしくなってしまうもので、なかなか直視しにくいものでもあります。

それは、自分自身がまだ未成熟な年頃だったときに持っていた、独りよがりな都合のいい欲求や願望を、第三者に「おまえこんな時あったよな」と、見せつけられているような気持ちになるからなのですが、まあ、自分自身が通ってきた道なので、観ていて登場人物に共感はできるんですね。なので嫌いでは無い。

そんな個人的な理由で、新海監督の作品は毎回、「観たくないけど観たい」みたいな、変なジレンマを持ちながら観ています。

前作の「君の名は」は、どこかそういう未成熟性が昇華されたような気がしていましたが、今作の「天気の子」は以前の新海監督テイストに戻っているような気がしました。

でもその時にまた勘違いをしていることに気づいたのです。「最初からずっとこういう作風だったやん。」と。

そしてそれをどこか待ち望んでいたことにも気づいたのです。

【サワダシンヤ × 明日さん】

「天気の子」をAmazonプライムビデオで視聴

 

★番組へのご意見、ご感想等はお気軽にどうぞ。
メールフォーム
Twitterのハッシュタグ #狭浅、#せまあさ、#semaasa
LINE公式アカウント
「いいね」や評価、レビューもよろしければお願いします。

★バックナンバーを下記のサービスで聴くことができます。
Googleドライブ
YouTube